アメリカ不動産投資4つの魅力 ③

メルマガ3通目の今回は、「節税」について。

投資家の間では不動産所有による節税はマスト!

不動産投資をする大きな理由の一つになっています。なぜ節税できるか?一言でいえば、課税所得の圧縮になるからです

投資用不動産購入の一番のポイントは「ロケーション」と言っても過言ではありません。ただ、よいエリアに購入すると、当初の利回りはあまり期待できないのが現状。しかし、ここでは家賃は右肩上がりが常。ロバーツチームには初めのうちは、減価償却で大きなリターン(恩恵)を手にしている投資家が多いです。

特に主な収入がお給料制(源泉徴収)の方には、恩恵が大きいです。お勤めの方にはあまりない「経費」そして減価償却」が利用できます。海外不動産投資家の間では常識の短期償却」についても専門家をご紹介可能です。

2番のビデオにあった「レバレッジ」。これは減価償却でも威力を発揮します。ローンしている分も減価償却ができるからです。

例) 自己資金として手出しが15万ドルでも、建物割合が50%の場合、25万ドル分の減価償却ができる。

ロバーツチームで毎年1件づつ投資物件を買い増ししていいる投資家は「もっと早く始めていたらよかった」と。

どうですか? 早く始めたくなった方は 今すぐお問い合わせをこちらから。↓

更新情報

米国不動産といえば...ロバーツチームが選ばれる理由
理由1

外国人専用ローンでレバレッジ

日本在住者でもローン可能だから、不動産投資の醍醐味「レバレッジ」が実現

理由2
5世代70年以上続く

米国不動産投資一家へ嫁いだ日本人妻

英語は当然ネイティブ、幼少から毎日不動産の話を聞いて育ったMark Roberts と日本人の心、日本の事情を よく理解しているロバーツ真紀子 との最強コンビ。他では中々できない商業物件投資も長い経験あり

理由3
全プロセスにわたり完全サポート

購入後も末長くお任せで安心

物件探し、購入プロセス、リモデル、テナント探し、管理、修理、売却、買い替え、全プロセスを ロバーツチームが一貫してサポート
日本語を話す息子世代も不動産業に従事しているため先々の物件管理も安心

Lineで情報を問い合わせる