アメリカ不動産投資4つの魅力 ②

今回は、アメリカ不動産投資4つの魅力の2つ目「ローンによるレバレッジ」についてのビデオです

ローンによるレバレッジはアメリカだけではなく、日本でも他国でも不動産投資の大きなメリットですね!具体的な数字を出して説明するとわかりやすいので、例として50万ドルの物件でお話しします。

カリフォルニア不動産市場では、少なく見積もっても長期的に年5%ずつは値上がりしています。その事実に基き、物件が数年後に20%=10万ドルの値上がりしたとします。

50万ドル → 60万ドル

例1)100%自己資金の場合

50万ドルの投資に対して10万ドル増えた *ROI(投資利益率)20%

 

例2)30%自己資金、70%ローンの場合

15万ドルの投資に対して10万ドル増えた *ROI(投資利益率)約67%

どうですか?投資額に対して増えた金額の割合が全然違いますよね!

 

※ROI(投資利益率)の計算方法については、ここでは下記の方法です。
ROI:return on investment = Net income ÷ Investment
ウィキペデイアより

 

実際には、もちろんこれ以外にも「家賃収入」「節税効果」そして、テナントが払ってローンの返済は進み、負債額(=元本)は減っていっていますので、その分の資産が増えていっています。

先ほどの50万ドルの物件の例で、X年後にローン額(元本)の20%返済が済んでいれば、物件の値上がり分に加えて、7万ドルの資産が増えていることになります。

これは、建物が古くなってもどんどん値段が上がるエリアだからこその特権です。日本では中々ない条件なので、イメージしづらい方が多いかもしれません。

更新情報

米国不動産といえば...ロバーツチームが選ばれる理由
理由1

外国人専用ローンでレバレッジ

日本在住者でもローン可能だから、不動産投資の醍醐味「レバレッジ」が実現

理由2
5世代70年以上続く

米国不動産投資一家へ嫁いだ日本人妻

英語は当然ネイティブ、幼少から毎日不動産の話を聞いて育ったMark Roberts と日本人の心、日本の事情を よく理解しているロバーツ真紀子 との最強コンビ。他では中々できない商業物件投資も長い経験あり

理由3
全プロセスにわたり完全サポート

購入後も末長くお任せで安心

物件探し、購入プロセス、リモデル、テナント探し、管理、修理、売却、買い替え、全プロセスを ロバーツチームが一貫してサポート
日本語を話す息子世代も不動産業に従事しているため先々の物件管理も安心

Lineで情報を問い合わせる